セミの死因って、一体何なんだろうかと不思議に思う

人間の場合、はっきりとした理由が分からなくても、死ぬときには死因というものがあると思います。
心不全だとか脳梗塞だとか、具体的な部分がはっきりとしない死因というのもありますが、だいたい何が引き金になったのかというのは分かります。
もっと簡単に言ってしまえば、ただ単純に「息をしていない」とか、「心臓が動いていない」とか、そういう理由で「死んでいる」という風に判断されることはないのです。
で、夏の終わりになると、あちらこちらでひっくり返って死んでいるセミの姿を見かけるようになります。
そういうセミの死骸を見たりすると、セミの死因というのは何なんだろう?と思ったりすることがあるんですよね。
そして、セミは成虫になってから短い期間しか生きられない昆虫だというのは、けっこう有名な話であります。
でも、セミは長生きしようとか、少しでも長く生きようとか、そんな風には考えないのだろうかとも思ったりします。
死因が何かというのが分かれば、長生きするセミというのもいそうなものですが、いまさらそんなことを思ったりすることはないのでしょうか。
私たちの見かける芯だセミの死因が「老衰」では無理かもしれませんが、セミが短い期間で力尽きてしまうのは、どういう理由なんでしょうかね。キレイモ 乗り換え割