フラウンホーファー線などについて勉強した

日光などについて教育しました。日光が放射講じる電磁波は、各種波長の小物からなりたってある。電磁波を波長の隔たりによって分けたものをスペクトルといいます。日光のスペクトルを調べると、永続スペクトルの中に多くの暗線が見られます。これをフラウンホーファー線といいます。これらの暗線は、灯が日光大気を通過するときにとれるもので、暗線の波長や強弱を調べると、日光大気の元素組成がわかります。元素組成は、原子の有する化学的特色によってものをカテゴリーした理念だ。日光全体の元素組成は、日光大気の元素組成にきっと等しいと考えられています。日光の元素組成の数値は、一般の恒星や星頃気体についても全く変わりはなく、宇宙元素組成とよばれてある。日光をはじめとする一般の恒星は、大ゾーンが水素(92%)でできていることがわかります。次いで多いのはヘリウム(約8%)で、その他の元素はみんな合わせても約0.1%にすぎません。至って勉強になりました。全身脱毛 完了 回数