電流の訳についてと各種行為の訳

電流などについて研究しました。磁石をはやく動かすなど磁界の準備が大きいほど、コイルの巻き頻度が多いほど案内電流は強くなります。コイルに磁石を生みだす場合と押し込める場合や、出し入れやる磁石の極を変えた場合では、去る電流の針路は逆になります。磁石をコイルの中で静止させたときは、コイルの中間の磁界は変化しないので、電流は過ぎ行きません。次は、物体についてだ。斜面を下る物体は、速さが一定の割合で増加する運動(位加速度運動)をする。そのとき、速さは時間に比例し進んだ差異は瞬間の2乗に比例します。また、斜面の傾きが増すと、球の運動路線(斜面路線)に働く勢力も大きくなり、速さの増やし方も大きくなります。水平面での運動は、運動の針路と逆向きにスレ勢力が行ないます。電流の対応について勉強していましたが、知っていることもありましたが知らないこともたくさんあったので、勉強して良かったですし、電流についてもっと勉強したいと思います。http://www.mkbokmeyerjuiceplus.com/